私たちについて
ご挨拶

1337年(南北朝時代)京都の刀匠千代鶴国安が刀剣制作に適した地を求め、府中(現越前市)に来住し、そのかたわら近郷の農民のために鎌を作ったことから始まったと云われている「越前打刃物」。今でも日本古来の火づくり鍛造技術、手仕上を守りながら、包丁、農業·園芸用の鎌、鉈、苅込鋏、鍬を主製品として、造り続けている「越前打刃物」を四代にわたり、製造・販売しております。
企業の強みは、製造部門と卸販売部門を併せ持ち、お客様の声をダイレクトに商品に活かしたオリジナル商品造りを得意としており、なかでも包丁は、一般家庭用からプロ仕様の包丁まで豊富に取扱っており、牛刀·出刃·柳刃·菜切·そば切庖丁等は、全国各地の刃物·金物店や合羽橋や築地·銀座の専門店で販売して頂いております。また鎌·鍬などの農具類は、地域ごとに刃や柄の形状や重量·材質などが大きく異なっておりますので、その地域のニーズに合わせたものを調査·製造し、ご提案しております。
行動力・企画力に溢れた若手からベテランまで幅広い年代が活躍する社員一同、歴史と伝統を活かし、「新しい提案できる企業」をモットーに活動しています。

会社概要
名称
株式会社 澤数馬
所在地
〒915-0891 福井県越前市余田町33-47
TEL.0778-24-5111  FAX.0778-24-5113
代表者
澤 栄一郎
設立
昭和24年 ※創業は大正初期
資本金
2,000万円
従業員数
30余名
事業内容
1.包丁、鎌製造、卸業
2.電動工具、造園芸用品の販売
URL
http://sawakazuma.co.jp/
E-mail
info@sawakazuma.co.jp
アクセス
会社沿革
大正14年
創業者である 澤数馬が越前打刃物の卸販売を初める
昭和3年
「ヤマカ玉日本」の登録を取得
昭和11年
福井県武生市上市町(現在の越前市柳町)に打刃物製造工場を設立
昭和24年7月
株式会社澤数馬商店設立(資本金200万円)
昭和24年12月
「玉日本」の登録商標を取得
昭和34年11月
「江戸菊水」の登録商標を取得
昭和35年3月
「九頭竜川」の登録商標を取得
昭和45年4月
2代目 澤かづ江が代表取締役に就任
昭和45年5月
資本金を1,000万円に増資
昭和49年3月
「玉日本利器製作所」の登録商標を取得
昭和50年5月
資本金を2,000万円に増資
昭和59年
本社を武生市(現在の越前市)余田町に移転
昭和60年5月
「源明利」の登録商標を取得
昭和61年5月
3代目 澤博征が代表取締役社長に就任
平成7年
当社製造職人、重川和男が伝統工芸士に認定される
平成7年11月
本社事務所を増築
平成16年7月
社名を株式会社 澤数馬に変更
平成17年
重川和男 福井県伝統工芸優秀継承者 表彰
平成28年4月
4代目 澤栄一郎が代表取締役社長に就任
お問い合わせフォームはこちら
BLOG|数馬魂あふれるブログ
  • Instagram
  • store
  • amazon